現場デッサン〜おつゆ描き|石田大橋、夏-1

石田大橋|デッサン〜おつゆ描き 制作日記

毎日暑いね。暑いの嫌いじゃないので、毎日元気です。

油彩新作スタート。モチーフは橋と川と木々ですが、描きたいのは夏の光です。今回は夏のギラギラした光を表現しようと思います。

画材持って多摩川でスケッチ。超暑かった〜
石田大橋、パステル

デッサンがくるってるので、この後鉛筆だけでデッサンやり直しした。

後日、家でデッサンをもとにキャンバスに木炭で描いた。建造物のデッサンはある程度ちゃんとやります。(ちゃんとと言ってもデッサン力あまり無いのでたかが知れてるけど[汗])この時点で木々や川はそんなにしっかりと描きません。
石田大橋、デッサン

シンシン、暑くてダラダラしてます。絵描き部屋にはクーラーありません。寝室はクーラーつけてあるので、そっちに行けばいいのに何故かこの部屋にいます。いつも一緒がいいみたいです。かわいいね。
石田大橋、デッサン

シンシン

あらかじめ薄い茶系で下地塗り(ホルベイン、クイックベース)しておいたキャンバス F20(727×606mm)におつゆがき。テレピンのみ。絵の具はイエローオーカー、バーントアンバー。絵に明暗をつけた。写真だと黄色っぽいけど実際はもっと茶色っぽいです。
石田大橋、おつゆがき

だいたいこんな感じでいいかな。あとは現場に行って光を体で感じながら色をつける予定です。カンカン照りの超暑い日に行く予定です。インドア派の画家さんは真夏の炎天下で絵を描くなんて出来ないと思う。その点僕はサーフィン、海釣りなどで炎天下に長時間いる事になれてます。よかった。頑張るぞー!

コメント

  1. […] 前回の制作日記 […]

  2. […] 現場デッサン〜おつゆ描き|石田大橋、夏-1 ↑ 現在この作品を制作中です。 […]

タイトルとURLをコピーしました