よし、決めた。画家になろう 〜50歳からの奮闘記〜

そもそも画家って頑張ればなれるもの?そんなに甘くないのでは?大人なので良く考えてから一歩を踏み出そうかと思ったけど、気づいたら既に一歩踏み出てた。頑張りますので、応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク
制作日記

空と家|初夏の多摩川河原-8

草むらを何度もやり直しているうちに、よく分からなくなってきた。良い感じもするけど、そうでもないような... こういう時は他の所に目をやってみよう。そもそも空や遠くの家が最初の薄塗りの状態。空や家に色味を加え描き込んだら草むらも違って見える...
制作日記

草むら|初夏の多摩川河原-7

草むらやってます。 ↑ こんな感じで進めて来ました。悪くはないんですが、今回のテーマは厚塗りです。だからこれではだめです。 前回、草むらを厚く塗りました。しかし緑系しか使っていないので乏しい感じです。固有色(自然の物体...
制作日記

草むらを厚塗り|初夏の多摩川河原-6

ここ数日は近景の草むらをやっています。前回の記事でも書きましたが、描いては拭き取っての繰り返しです。3,4時間かけて描いても気に入らない場合は、拭き取っちゃいます。その度に涙目に。゚(゚´Д`゚)゚。 今までの様な描き方(薄塗り)なら...
制作日記

デッサン1|ムサビスクーリング

ずっと前からやってるブログBorn To Lose . Live To Winでは、遊び、大学、バンドなど色んな事を適当に綴ってます。ムサビ在学中の絵に関する記事はこちらのサイトにコピペして行こうと思います。大切だと思い書きとめても、遊び等...
制作日記

遠景を描く|初夏の多摩川河原-5

近景の草むらをやっています。 何時間も描いては、「うーむ。これはダメだ〜」と言ってウエスで全部拭き取るというのを何度も繰り返しています 。芸術家かっww。 とほほ(´・ω・`) 油絵の具で草むらを描くのは初めてです。現在は...
制作日記

遠景を描く|初夏の多摩川河原-4

遠景、空を描きました。何となく全体像が見えて来ましたね。 中景がまだです。ベタ塗り状態なのでこれから描き込んでいきます。空ももっと描き込みが必要。全景の草むらは描き込んでいるんだけど、いまいちいい感じになりません。週に一回、毎週金曜日...
制作日記

木を描く|初夏の多摩川河原-3

木の部分を描きました。いい感じです。 全景の草むらは、厚く塗ってみたけど....今ひとつですw。もっと丁寧にやらないとですね。草むらの手前と奥という空間をもっと感じさせないといけません。 そして、まだまだ大丈夫です。今いい感じじ...
制作日記

デッサン・地塗り|初夏の多摩川河原-2

3作品目 ”初夏の多摩川河原”いつものように記憶と写真を参考に制作中。 鉛筆デッサンを軽くやって、キャンバス(今回はF8)に木炭でモチーフの位置や大きさを大まかに描く。そしたらフィクサチーフ(スプレータイプの定着剤)を吹いて乾いたとこ...
制作日記

スケッチ|初夏の多摩川河原-1

3作品目にとりかかってます。 6月中旬、梅雨入り前の天気いい日に多摩川河原でスケッチ。のりこさんは福祉の仕事をしていて、歩きや自転車で出勤しています。雨が降ってなくて時間がある時は散歩がてら迎えに行きます。早めに行って近くで待っている...
備忘録

油絵の具|ホワイトの使い分け

油絵の具のホワイトは一番使う色と言っていい。直接キャンバスに塗る事はほとんど無いけど、混色で絶対に必要。 画材屋さんに行くと色んな種類のホワイトがあって迷います。絵の具メーカーのカタログには説明が載っているし、ネット検索すればたくさん...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました